団体での取り組み

静岡デザイン専門学校

教育機関

静岡デザイン専門学校
(2017年検定ガイド掲載団体)

Voice

楽しい!美しい!なるほど!と学べるミニドリル形式の教材を導入
学生各々が自らの《知識と理解》を確認できる

静岡デザイン専門学校、通称『シズデ』は、静岡県静岡市の中心部に校舎を構えるデザインの総合専門学校。

「好きな道でプロになる」をコンセプトにグラフィックやプロダクト、インテリア、ファッションなどの7学科を設置。いずれも色を取り扱う職種に進むため、全学科に色彩検定講座が設けられています。

実のあるものにすべく学生の興味関心を引きつける授業を実施しつつも、学生間で読解力や理解力に差があることにも留意。《知識と理解》を学生各々が確認できる独自教材を使用した課題も多く取り入れています。

  • 団体での取り組み1

特に3級の授業では、色彩を初めて理論的に捉える学生も多いため、『やってみておもしろい!楽しい!美しい!』と感じられ、そこから、『なるほど!わかった!理解できた!』と共感・納得できるようにと教材を考案。

例えば『ある色・七変化』という教材は、色の三属性、トーンの概念を深めるため、まず、教員が授業当日に着てきたファッションアイテムから色を目測で判断し、その近似色をカラーカードから選択、次にそれと同一色相番号のカラーカードを用いて清濁の違い、明度の違いなどを考えながら「等色相面」を完成させるというミニドリル形式になっています。

色が身近なものとして捉えられ、「好き」から「興味がある」、そして自分のなりたい職種に活かせるスキルとして「必要なもの」だと意識するようになり、学生たちが自ら合格をめざすように全校を挙げて強力にバックアップしています。

団体受検について

高校・短大・大学・各種学校・官公庁・企業などにおいて、受検者が一定の規模に達している場合はお申込み、ご受検、結果通知などの処理をとりまとめておこ なえる『団体登録制度』というシステムがございます。登録形態には目的・規模に応じて『団体』・『準団体』の2種類あり、詳細は下記の一覧表の通りです。 登録には所定の申請手続きが必要になりますが、登録料などは一切かかりません。