色彩検定 合格者の声

専門知識を生かしたアドバイスで お客様の信頼が得られるように!

専門知識を生かしたアドバイスで お客様の信頼が得られるように!

仕事に活かす

Samantha Thavasa ルミネ大宮店 サブリーダー

吉田 真奈さん

Voice

私自身、色彩に関する専門知識を身につけたことで、
接客トークに自信が持てるようになったと実感しています

私が勤務するショップでは、バッグや小物類、ジュエリーなどを扱っています。お客様が商品をお選びになる時、よりよいご提案ができるようになりたいと思ったのが、色彩検定を受検するきっかけです。私は会社の制度を利用して、通信講座で試験勉強を行いました。元々色彩に関する知識はなかったのですが、通勤の際に毎日1 時間ほどじっくりとテキストを読み込むことで、2 級に合格することができました。

色彩検定に合格すると、
会社から級によって色分けされた認定バッジが交付されます

そのバッジ付けて仕事をするようになってから、お客様から「私にはどんな色が似合いますか」「資格を持っている方のアドバイスは信頼できます」などと、お声かけいただく機会も増えました。また、店内をディスプレイする時も、打ち出し方の幅が広がり、今までチャレンジしたことがなかった新しいカラーの組み合わせでお客様の視覚に響く演出ができるようになったと思います。日常生活においては、色への意識が高まり、自然と色彩に関する用語を使うようにもなりました。これからも色彩検定受検の経験を通して身につけた知識をフルに活用し、お客様に信頼され、選ばれる店づくりに努めてい
きたいと思います。