色彩検定 合格者の声

お客様のイメージを具体化する際色彩検定で得た知識が役立ちます

お客様のイメージを具体化する際色彩検定で得た知識が役立ちます

仕事に活かす

株式会社 サンゲツ イノベイティブプロダクツ推進室

倉地 織梨乃さん

Voice

色彩検定で得た知識は、お客様が求めるイメージを具現化し、提案する際にとても役立っています。

私が色彩の持つ力に興味を持ち始めたのは小学生の頃です。色彩心理学の本を読むようになり、大学のゼミで色彩検定1級合格に向けて本格的に学びはじめました。1 級2 次試験は特に難しく、苦戦した記憶が残っています。色名を暗記するためのカラーカードを作成して覚えることから始めましたが、その知識を元に色を紐解く問題にはずいぶん苦労しました。しかし、今思えばその経験があったからこそ論理的に色を分解して考えられるようになったので、とても意味のある勉強でした。試験前のラスト1ヶ月は、常にテキストを持ち歩いていたことを懐かしく思います。現在は、インテリア商品を扱う会社で営業職をしています。

私が担当するお客様はプロのデザイナーやコーディネーターであることが多いため、今も勉強の毎日です。また、
仕事以外の場面でも、色彩の知識を活かすことができています。住まいをコーディネートする際には論理的に色を組み合わせて心地のよい空間をつくることができましたし、料理やお菓子作りをする時には配色を意識できるようになりました。私のこれからの夢は、まわりの人々の生活がより豊かになるようお手伝いすることです。その人にとって心地よい空間、ハッピーに過ごせる空間を提案してみたいです。普段の生活と切っても切り離せない色彩は、学べば学ぶほど生活を豊かにしてくれる素敵な学問だと思います。みなさんもぜひ楽しみながら勉強に励んでいただきたいと思います。