UC級(UCアドバイザー)資格マークの発行について

名刺への資格マーク使用について

UC級 に合格された皆様を対象に、名刺に貼り付けて使用して頂ける、資格マーク発行の申請を受付けます。
希望される方は使用規約に同意の上(□チェックボックスにチェック)、申請フォームより必要事項を入力し、申請してください。

名刺記載例
名刺使用例
資格マークを使用するには…

使用規約に同意の上、下記申請フォームより申請を行ってください。当協会にて申請情報を確認後、マークをメールにて送付します。なお、10営業日経過しても返信がない場合は、お手数ですが、協会までご連絡ください(06-6397-0203)。

色彩検定 UC級(UCアドバイザー)資格マーク使用規約

第1 規約の目的

 公益社団法人色彩検定協会(以下「当協会」という。)が定める「色彩検定 UC級 (UCアドバイザー)資格マーク」(以下「 UC級 マーク」という。)を使用する者(以下「使用者」という。)は、この規約に従い、UC級 マークを使用するものとする。

第2 使用者

  1. UC級 マークの使用者は、以下に定めた者に限る。
    当協会が実施する色彩検定の UC級 に合格し、当協会よりUCアドバイザーの資格を認定された個人
  2. 使用者は、第三者に対し、UC級 マークを使用させ又は UC級 マークの使用権を譲渡することはできない。

第3 使用条件

  1. 使用者は、使用者個人が使用する名刺に記載する方法に限り、UC級 マークを使用することができる。
    但し、名刺に記載する方法とは別の方法により UC級 マークの使用を望む者は、当協会に事前に申請したうえ、当協会が許可した場合に限り、当該別の方法による使用ができるものとする。
  2. 使用者は、自己がUCアドバイザーの資格を有していることを表明する目的に限り、UC級 マークを使用することができる。
  3. 使用者は、UC級 マークの使用に際して、以下の条件に従わねばならない。
    1. aftインディゴ プロセスカラー(C100%、M55%、Y0%、K30%)又はモノクロ(スミ100%)のいずれかの色とすること。
    2. サイズを変更する場合は、縦横比を変更しないこと。但し、縦横比を変更しない場合であっても、UC級 マーク(併記されている証書番号を含む)の大きさが識別可能な大きさで使用すること。
    3. 前号までに定める条件を満たす範囲のほか、UC級 マークに対しいかなる改変も加えないこと。但し、当協会が許可した場合はこの限りではない。
  4. 使用者は、当協会が許可した場合を除き、以下の態様での UC級 マークの使用をしてはならない。
    1. 背景に埋没するような使用等、UC級 マークと周囲との識別が困難となるような使用態様
    2. 使用者があたかも当協会と特別な契約関係にあるかのように誤認される態様など、UC級 マークに「使用者が、当協会から認定されたUCアドバイザーであること」以上の意味があるかのように誤認される虞のある使用態様
    3. 汚損や破損など、当協会及びUCアドバイザーに対する信用やイメージを毀損する虞のある使用態様

第4 使用者の義務・是正措置等

  1. 使用者は、UC級 マークの品位を損なうことがないように努めなければならない。
  2. 使用者は、当協会より、UC級 マークの使用状況等について報告や調査を求められた場合、これに従う義務を負う。
  3. 当協会は、使用者の UC級 マークの使用が本規約に反すると認めた場合、当該使用者に使用禁止を含めた是正措置を命じることができ、使用者はその命令に従う義務を負う。
  4. 前項の規定により使用者の UC級 マークの使用が禁止された場合、使用者は遅滞なく禁止されるまでに使用した UC級 マークの破棄( UC級 マークが印刷された名刺の破棄、及び第3条1項但書で許可された方法によって使用されている場合は適宜の処分)を行わねばならない。この対応に要する費用は使用者の負担とする。
  5. 当協会の色彩検定制度が廃止された場合も前項と同様とする。

第5 免責

  1. 使用者は、自己の責任において UC級 マークを使用するものとし、使用者の UC級 マーク使用に起因する一切の法的トラブルに関し、当協会は責任を負わないものとする。
  2. 使用者の UC級 マークの使用に起因して、当協会が損害を被った場合、当該使用者は当協会に対し、その損害を賠償する義務を負う。

第6 管轄

  • 本規約に関する法的紛争については、大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

上記使用規約に同意の上、申請してください。