団体での取り組み

福岡県立香椎高校 
服飾デザイン科

教育機関

福岡県立香椎高校 服飾デザイン科

Voice

福岡県立香椎高校は1921年創立の伝統校。服飾デザイン科では、全学年を通じて、週一回必ず色彩学習の時間があり、色彩検定の学習および対策はこの授業の中で行われます。
同校の目標は「在学中に全員が2級に合格する」こと。さらに驚くことには、毎年10人前後の生徒は1級にもチャレンジしているようです。
担当の楢﨑先生の授業は、50分間を講義形式とグループワーク形式に分けてメリハリをつけ、生徒が親近感を持ちやすい課題をうまく取り入れたもの。
こうした先生の指導の成果は、同校が団体受験登録をして初めて挑んだ2005年度冬期色彩検定でいきなり『優秀団体賞』に選出されたことや、2007年度の『文部科学大臣賞(団体部門)』の受賞にもあらわれています。

  • 団体での取り組み1

また、毎年3年生が自らの学習体験と成果をレジュメやレポート形式にまとめた「課題研究」は貴重な財産として後輩たちに受け継がれています。
熱心な先生による工夫が凝らされた授業とともに、これらの蓄積が香椎高校服飾デザイン科の総合力につながっています。

団体受検について

高校・短大・大学・各種学校・官公庁・企業などにおいて、受検者が一定の規模に達している場合はお申込み、ご受検、結果通知などの処理をとりまとめておこ なえる『団体登録制度』というシステムがございます。登録形態には目的・規模に応じて『団体』・『準団体』の2種類あり、詳細は下記の一覧表の通りです。 登録には所定の申請手続きが必要になりますが、登録料などは一切かかりません。