色彩検定協会について

色彩検定協会とは

色彩検定協会と色彩検定

A・F・Tは1976年に「日本の服飾文化の向上発展に寄与すること」を目的として発足しました。1986年にはその活動が認められ、社団法人 全国服飾教育者連合会として文部省(現:文部科学省)より公益法人の認可を得ました。

さらに2012年4月、内閣府から公益法人の認定を受け、色彩検定協会へと名称を改めました。以来、活動内容は服飾教育にとどまらず、あらゆる物の要素である「色」に注目。その「役割」・「効果」について高まっている関心を理論的、実践的に習得できるように、1990年に色彩検定( 当時の名称は「ファッションカラーコーディネーター検定試験」)を実施しました。

その後1995年度に文部科学省認定、2006年度から同省後援となり、現在「文部科学省後援 色彩検定」として実施されています。

今では色彩検定実施を中心に、海外の色彩情報の紹介、各種セミナー、色彩教育の指導者を育成する「色彩講師養成講座」の開講など、その活動の裾野はますます広がっています。

色彩検定協会の沿革
1976.7任意団体全国服飾教育者連合会全国服飾講師会として発足
1977.4A・F・Tジャーナル第1号発行
1978.4第1回コンクールを実施
1986.12文部省より社団法人としての設立許可を得る
1989.11文部省主催 第1回生涯学習フェスティバル(まなびピア)出展
1990.11第1回色彩検定実施
1994.12色彩検定、文部省認定となる
1996.4ニューヨークオフィス開設
1997.4第1回色彩講師養成講座開講
1997.6夏期検定を追加し試験の実施回数を年2回に
2009.11累計受検者数が100万人を突破
2012.4内閣府より公益認定を受け、色彩検定協会に名称変更
2014.8通信講座が文科省の認可を取得
2017.1公式メルマガ配信開始
2017.4第1回カラーイメージコーディネート講座開講
2018.4CI(コーポレートアイデンティティ)刷新
2018.12第1回 色彩検定 UC級 実施
色彩検定協会の概要

平成31年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらのAdobe Readerのダウンロードサイトからダウンロードしてください。
Adobe©、Adobeロゴ、Adobe Acrobat©は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。