色彩検定 合格者の声

大学の授業がきっかけで検定に挑戦 服飾の仕事に役立てたい!

大学の授業がきっかけで検定に挑戦 服飾の仕事に役立てたい!

学業に活かす

和洋女子大学 家政学群 服飾造形学類

宮森菜摘さん

Voice

色彩の知識はあらゆる場面で活用できるので、色彩検定に多くの方に挑戦してもらいたいと思います。

色彩検定を受験するきっかけとなったのは、大学で開講されている「カラーコーディネート」の講義です。
大学で服飾の勉強をしており、以前から色に興味がありました。色彩検定を受験するきっかけとなったのは、大学で開講されている「カラーコーディネー ト」の講義です。検定対策は主にテキストを使用し、理解できなかった点や勉強をしていて大切だと感じた点はノートに書き出しました。そして、ある程度内容が理解できたところで過去問題に取り組み、不得意な部分をつくらないよう意識しながら勉強しました。「カラーコーディネート」の講義を受講した年は3級、その翌年は2級に合格。いずれも和洋女子大学の会場で受験出来ました。過去問題を何度も繰り返し解いたことが、合格の決め手になったと思います。
大学卒業後は、アパレルメーカーで商品企画の仕事に就きます。洋服の色を一つ決めるにもブランドイメージやコンセプト、トレンドなど、さまざまなことを考慮しなければなりません。そのような場面では、色彩検定を通して得た色彩の知識を存分に活かし、自信を持ってカラーの提案をしたいと思います。また、商品撮影の場面でもファッションカラーコーディネーションの知識は大いに活用できると思います。色彩の勉強は難しい理論ばかりではなく、生活の中で学べることがたくさんあるので、少しでも興味があれば楽しみながら勉強に取り組めると思います。色彩の知識はあらゆる場面で活用できるので、色彩検定に多くの方に挑戦してもらいたいと思います。