団体での取り組み

大宮スイーツ&カフェ専門学校

教育機関

大宮スイーツ&カフェ専門学校
(2015年検定ガイド掲載団体)

Voice

試験1週間前から『検定WEEK』として時間割を変更
クラスみんなが刺激し合い共に頑張る雰囲気を醸成

大宮スイーツ&カフェ専門学校は、製菓・製パン・調理・ドリンクの技術や知識を学ぶ専門学校。

地元のカフェやパティスリーでのインターンシップもあり、卒業後すぐに実戦デビューできる人材を育てています。

仕事に役立つ各種検定試験にも取り組んでおり、試験の1週間前からは、検定科目中心の時間割になる『検定WEEK』を実施するほどの熱心さです。色彩検定は1年次に全員が3級を受験します。

色彩に関する授業を担当されているのは、A・F・T カラーデザイナー資格講座を修了された認定講師で、2013年には実施3年目にして優秀団体賞を受賞しました。

  • 団体での取り組み1

授業では全員に問いかけたり、個別に当てたり、考えさせたりと学生に声を出させることで緊張感と集中力を高めています。

それは「受験は団体戦」との考えからで、クラスの友達やライバルが頑張っているから自分も!という雰囲気づくりを大切にしています。ツールにも独自の工夫があります。

板書を写すだけでは内容が頭に入らないため、ポイント整理用のプリントをノートに貼り付け、学生は大事な部分だけを書き込むスタイルになっています。

ポイントを絞ってまずはテキストを1周こなし、理解の足りない部分や難解な理論などは『検定WEEK』の総仕上げの中で再確認しています。

団体受検について

高校・短大・大学・各種学校・官公庁・企業などにおいて、受検者が一定の規模に達している場合はお申込み、ご受検、結果通知などの処理をとりまとめておこ なえる『団体登録制度』というシステムがございます。登録形態には目的・規模に応じて『団体』・『準団体』の2種類あり、詳細は下記の一覧表の通りです。 登録には所定の申請手続きが必要になりますが、登録料などは一切かかりません。